学園モノ

【神さま学校の落ちこぼれ 第3巻 見どころ紹介】新展開突入!!たける人形の真相とは…!?

 

こんにちは、こんばんは!

カッパ室長です。

 

今回は花とゆめCOMICS神さま学校の落ちこぼれ』第3巻の見どころ紹介と感想を書かせていただきます。

 

『神さま学校の落ちこぼれ』第2巻の紹介記事はこちら↓↓

【神さま学校の落ちこぼれ 第2巻 見どころ紹介】サバイバル演習、ピンチを仲間と共に乗り越える!! どうも! カッパ室長です。 今回は花とゆめCOMICSの『神さま学校の落ちこぼれ』第2巻の見どころ紹介と感想...

 

神さま学校の落ちこぼれ

漫画:赤瓦もどむ
原作
日向夏


第3巻の見どころ(ネタバレ注意)

呪い人形

サバイバル演習も無事終わったかと思いきや、中間テストというピンチが陽美谷ひびやナギにふりかかる。

惟神學園の他の学校にはない「祝詞のりと」という教科がナギをさらに苦しめるのであった。

ナギは創作祝詞まであるこの教科で満点を取る成績優秀な江道えとうトータに教えを乞うが、あっさりと断られてしまう。

だがトータはナギのために参考になりそうな本を置いていくのであった。

翌日、ナギはトータに本を返しに行く。

すると、トータはナギが持っていた<たける人形>に邪気を感じ取り、彼の頭を引きちぎってしまう。

激怒するナギ。

だが、引きちぎられた人形を見て驚愕する。

人形の中に別の怪しい人形が入っていた。

トータはナギから人形を離して言うのだった。

「呪い人形だ」

『神さま学校の落ちこぼれ』第3巻 P34より

 

このことを學園長に相談すると、學園長はナギに祖母・ウズメからの手紙を渡す。

未来予知が使えたウズメが残した手紙には『ナギへ たけるのことで気になったら家に戻りなさい』とだけ書かれていた。

真実を確かめるためナギは実家へ戻る。

なぜかそれにトータがついてきて…

感想

今回から新展開です。

たけるが遠方から観念動力テレキネシスしていた<たける人形>が呪い人形だったということが判明します。

可愛いクマの人形の中に髪の毛が巻きつけられた人型の木の人形が入っていました。

これはナギにはショッキングな出来事ですね。

これまでナギをずっと支えてくれていた人形、そして大事な兄が操っていた人形が呪い人形なんですから。

さらにナギはたけるが実家の部屋にはおらず、実は事故のときから行方不明だという事実も知ることに。

これはさすがに気づかないナギもナギだと思うのですが…

部屋にずっと引きこもっている人だってトイレやお風呂のときなど少しは部屋から出ることになると思います。

それすらないことに何年も一緒に住んでいて気づかないことってあります?

部屋から物音ひとつしないのに疑問を感じてもおかしくないと思うのですが…

もしかしたら<たける人形>のせいで気づけなかったのかもしれませんね。

というか、親たちもいないの知っていて何年も部屋の前にご飯用意したりしてたのかな?

それもそれで凄いな…

<たける人形>は呪い人形だとバレると、ナギたちを攻撃したのち爆発しました。

ツクヨミは証拠隠滅のためだと推測しましたが、これはたけるの意志だったのでしょうか?

たけるの意志だとしたら、ナギに危険だから自分を探すな、助けに行こうと思うなという意味かもしれません。

たけるの意志ではないとしたら、これはたけるを誘拐したとされる超自然学派の手によるものかもしれません。

この超自然学派、第3巻の最後のほうに描かれていたスサノオ会というのが今後ナギたちの敵になるのかな?

ナギはこれからたけるを見つけ出すために奮闘するようです。

それには今のままでは到底無理だから、學園で神通力の修行や勉強をしていくという流れになりそうですね。

ツクヨミも仲間になるだろうし、彼が師匠になるのかもしれません。

これからどうなっていくのかとても楽しみです。

 

あと気になるのはナギの王子様は誰になるのかということ。

最初はツクヨミだろうなと思っていたのですが、ここにきてトータがグイグイきています。

ナギの実家にまでついて行っちゃいましたしね。

神楽舞の衣装を着たナギに見とれているようでしたから、もうすぐ落ちるんじゃないかなと予想しています。

というか、もう惚れてるのかも…

でも以前、トータはナギが自分の姉と同じことを言うとか言っていたから姉の面影と重なって気になっているだけかもしれません。

トータの家もナギと同じで実家が神社ですが、ナギと違い名門の神社のようです。

そのため親から神さまになるよう厳しく育てられ、実家を嫌っているような感じでした。

このあたりも後々描かれて、ナギがトータの心を救うという展開がありそうですね。

そうしたらトータは完全にナギに惚れるでしょうね。

はたしてナギとくっつくのはトータなのか、ツクヨミなのか、はたまた別の人なのか。

ナギの恋愛模様もどうなっていくのかとても楽しみです。

 

『神さま学校の落ちこぼれ』第4巻は2023年冬頃発売予定です。

小説版はコチラ