恋愛

【恋人以上友人未満 第1巻 あらすじと感想】お見合い相手は互いの秘密を握る元お仕事相手!?

こんにちは、こんばんは。

ラブコメ漫画大好き、カッパ室長です。

 

今回はジャンプ+にて連載されている『恋人以上友人未満』の第1巻を紹介させていただきます。

 

恋人以上友人未満yatoyato

どんな内容?(ネタバレ注意)

お見合い相手は元お仕事相手!?

東京から地元へ戻った木村きむら宮子みやこ

お見合いをすることになり、相手と顔合わせをしてみるとそこには宮子が良く知る男性が…

なんと目の前にいる男性・花丸はなまる正樹まさきお互いの秘密を握る元お仕事相手だった。

『恋人以上友人未満』第1巻 P8より

宮子と正樹はかつてA〇業界で働いていた人間だったのだ。

しかし今の正樹はかつてオラオラ系男を演じていた元A〇男優「カンブリア牧」の面影が全くないほど真面目な男性になっていた。

かくいう宮子もA〇女優時代には清楚な文学少女「吉良木らら」を演じていた。

『恋人以上友人未満』第1巻 P10より

正樹は現在、夢だった花屋を営んでおり、今は仕事があるから結婚する気はないが親に言われてしかたなくお見合いをしたという。

知っているつもりの相手だと思っていたが、実はこの人のこと何も知らなかったんだなと思う宮子。

そして宮子は正樹に今回のお見合いを成功させたことにしようと提案する。

そうすればお互い秘密がバレる心配もないし、親からお見合いしろとしつこく言われないと考えたのだ。

こうしてもうお互いの裸は知っている、カラダは恋人以上、ココロは友人未満のふたりの恋が始まるのだった。

感想

この作品はお見合い相手がお互いの秘密を握る元お仕事相手で、素の自分に戻って改めて恋をするというオトナピュアラブコメです。

 

主人公である宮子と正樹はかつてA〇業界で女優、男優として働いていました。

そんなふたりは地元が一緒でお見合いで偶然再会してしまいます。

そして親からこれ以上お見合いしろとしつこく言われないようにするため、恋人のフリをすることになります。

しかしフリのはずがお互いのことを知っていくうちに好きになってしまうという展開です。

好きになってしまうと書きましたが、宮子はもともと正樹(カンブリア牧)に好意を抱いていました。

なので好きになるというより、正樹の内面を知り、より好きになってしまうという感じですね。

 

この作品の面白いところはふたりのピュアすぎる恋愛です。

A〇業界でお互い恋人以上のことをしているはずなのに、恋愛に関しては中学生みたいなピュアな恋愛を見せてくれます。

宮子が本当に可愛いんですよね。

誕生日プレゼントを何にしようか必死に悩んだり、リサーチするため変装するけど速攻でバレちゃって恥ずかしくなっちゃったり。

それでも正樹のために一生懸命になっている宮子の姿にキュンとさせられます。

宮子は不良みたいな見た目をしていますが、不良というわけではなくいたって真面目な女の子なのも良いポイントです。

髪を染めている理由は、染めていないと夜警察に子供と間違われて補導されてしまうからなんだとか。

そしてピアスは昔好きだった憧れの人(カンブリア牧)の影響だそうです。

可愛いですね。

それを聞いて自分の兄のことだとは全然気づいてない正樹の妹・蓮花ちゃん。

兄と宮子の関係を知ったらどうなるのか、気になりますね。

 

この作品の見どころは二人の恋愛だけではなく、宮子の「夢」も見どころだと思います。

かつて女優になろうと上京した宮子ですが、上手くいかずA〇業界へ入り、そしてその仕事も辞めて地元に戻ってきています。

そんな宮子が自分の夢を叶えイキイキと暮らす正樹と再会しました。

あの時はあんなに近くにいた存在が今では遠い存在に感じてしまう宮子。

何ひとつ最後まで成し遂げることができなった宮子が夢を叶えた正樹と再会したことによってどう変わっていくのか。

新たな「夢」を見つけるのか、それともかつての女優になるという「夢」を再び追いかけ始めるのか。

宮子の心がどう変わっていくのかとても楽しみです。

 

おわり