恋愛

【姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い 第1巻 あらすじと感想】負けヒロインの面白おかしい奮闘記

 

こんにちは。

ラブコメ大好き、カッパ室長です。

 

今回は月刊コミックキューンにて連載されている『姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い』第1巻を紹介させていただきます!!

 

※ネタバレを含むのでご注意ください。

 

姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い安田剛助

どんな内容?(ネタバレ注意)

負けヒロインの奮闘記

姫ヶ崎櫻子ひめがさきさくらこは容姿端麗で文武両道な高校1年生の女の子。

おまけに巨乳で金髪のツインテールという最強属性を持っている。

この日も幼馴染で櫻子の想い人でもある男の子・三森夏樹みもりなつきと学校へ行くため、夏樹を部屋まで起こしに行く。

高校生になっても2人の平凡な生活は変わらないと思っていた。

しかし登校中、夏樹が雪の女王と呼ばれる美少女・榊雪菜さかきせつなと運命的な出会いを果たしてしまう。

さらには雪菜が親戚の子として夏樹の家で一緒に暮らすと言う展開に…

一気に負けが確定している不遇のヒロイン、いわゆる「負けヒロイン」になってしまった櫻子。

それでも夏樹を振り向かせるため櫻子は全力でアタックしたり、ときにはラッキースケベな目に遭ったり…

これはそんな不憫可愛い負けヒロイン姫ヶ崎櫻子の奮闘記である。

感想

この物語はハイスペックでいつも自信満々なくせによく可哀想な目にあう負けヒロイン姫ヶ崎櫻子が不憫可愛いラブコメ作品です。

 

この作品の魅力はなんといっても櫻子ちゃんの可愛さです。

巨乳で容姿端麗、そして文武両道というハイスペックなのに、ちょっとおバカだったりドジなせいで可哀そうな目にあいまくってしまいます。

スカートがめくれてクラス中にパンツを見られてしまったり、壁の穴に入ったら嵌まって抜けなくなったり、配信切り忘れて視聴者におっぱい見られたり、などなど…

負けヒロインだけあって、エロ要員としての仕事は十二分にこなしてくれていますね。

一番の失敗は夏樹にさっさと告白して付き合わなかったことなのかな。

そうすれば負けヒロインにもならなかっただろうし…

櫻子ちゃんは普段のエッチな姿も可愛いですが、怒ったときとかのデフォルメされた姿もとっても可愛いですよ。

『姫ヶ崎櫻子は今日も不憫可愛い』第1巻 P8より
ぽこぽこ怒ってるのがめっちゃ可愛い!!

 

櫻子ちゃんの想い人である三森夏樹は、自身ではごく平凡な高校生と言っていますが、私から見たらイケメンに分類される男子ですね。

ギャルゲーやラブコメ漫画によくあるような、ヒロインと最悪の出会いからの一つ屋根の下での生活というベタなことをしています。

そして夏樹はラッキースケベの特殊能力も持っていて、雪菜ちゃんの着替えも見ちゃうし、昔から櫻子ちゃんの裸を見たり胸を揉んだりしていたようです。

けしからんです!

櫻子ちゃんは、夏樹は雪菜ちゃんに惚れていると思っているのですが、実は夏樹の好きな相手は…というのも面白いところですよね。

いつになったら夏樹の本当の気持ちが櫻子ちゃんに伝わるんでしょうね。

 

そして、夏樹と一緒に暮らすことになった美少女・榊雪菜ちゃん。

この子はみんなから孤高のクールビューティに見られていますが、実は人付き合いが苦手なだけの女の子。

しかも、勉強も運動も苦手というポンコツっ子なんです。

そこがまた可愛いんです。

夏樹のおかげで櫻子ちゃんに懐いてしまった雪菜ちゃん。

この先、櫻子ちゃんと雪菜ちゃんのヒロイン争いは起こるんでしょうか?

櫻子ちゃんが勝手に勝負を挑んで負けるというイメージしかないですね。

 

今後櫻子ちゃんが夏樹を振り向かせるためにどんな手を打つのか、またどんな可哀想な目にあい、エッチな姿をさらしてしまうのかが楽しみですね。

 

おわり