ファンタジー

【この世界は不完全すぎる 第6巻 見どころ紹介】地下ダンジョン完結編!必殺「ハガスペシャル」でボスを撃破!?

こんにちは、こんばんは!

ファンタジーものも大好き、カッパ室長です。

 

今回はコミックDAYSにて連載されている漫画『この世界は不完全すぎる』第6巻の見どころを紹介させていただきます!!

 

『この世界は不完全すぎる』第5巻の紹介記事はこちら↓↓

【この世界は不完全すぎる 第5巻 ネタバレ注意】カジノ!?レイドボス!?地下ダンジョン「ザ・ダイヤモンド」!!どうも! ファンタジーものも大好き、カッパ室長です。 今回はコミックDAYSにて連載されている漫画『この世界は不完全...

 

■コミックDAYSとは

講談社の漫画アプリおよびウェブコミック配信サイトです。

無料で読める毎日更新の名作やオリジナル連載も多数!

コミックDAYS公式サイトはコチラ

 

この世界は不完全すぎる左藤真通


前回までのあらすじ

マズゥナ神殿地下遺跡群、通称ザ・ダイヤモンドの地下1000Fに転移させられてしまったハガ達一行。

そこでハガ達はアキラアカネと同じ会社で働くデバッカー、キノシタと出会う。

ダンジョンから脱出するため、彼らはダンジョンの最深部で待ち構えるレイドボス・沈黙の悪魔サイレンスの攻略を開始するのであった。

第6巻の見どころ(ネタバレ注意)

必殺「ハガスペシャル」

倒したかと思われた沈黙の悪魔が第二形態となってハガ達に襲い掛かる。

逃げ場もなく、戦うしかなくなってしまったハガ達。

しかし敵の大量の触手と豊富な攻撃パターンで防御することしかできない。

できても弾き返しパリィぐらいであった。

皆が諦めかけたその時、ハガがアキラとキノシタに声をかける。

「二人共 僕の合図でパリィをお願いします」

 

ハガはゲーデルとの一件で自分の弱さを痛感していた。

そして、もっと戦う術を身につけないとこの世界でみんなを守ることも生き抜くこともできないと感じたハガは一人特訓をしていたのだ。

 

ハガはその特訓の成果を見せる。

アキラとキノシタが攻撃をパリィし、沈黙の悪魔がよろけたところにスラッシュキックをする。

続けて中攻撃大攻撃の基本コンボを与え、スタミナポーションを一口飲み、またスラッシュキックを繰り出す。

『この世界は不完全すぎる』第6巻 P58、59より

すると敵は起き上がれず、「スラッシュキック→中攻撃大攻撃の基本コンボ→スタミナポーションを一口」というセットがずっと繰り返される。

これがハガが編み出した永久コンボ、名付けて「ハガスペシャル」だった。

 

しかしこの攻撃の一つ一つのダメージはとても少なかった。

「…これさぁ。一体いつまでかかんだろ…」

「…」

感想

第6巻は超巨大地下ダンジョン完結編でした。

完結編と言っていますが、この巻でハガ達はダンジョンからは脱出できていないんですよね。

 

今回はついにハガが必殺技を繰り出しました。

その名も「ハガスペシャル」。

ちょっとダサい名前ですね。

ハガはこういうのに興味なさそうだから、名前をつけたのはキノシタさんかもしれません。

キノシタさん、ハガのことメチャクチャ応援しているし、もしかしたらハガのこと好きになってたりして…

この「ハガスペシャル」は石版を使ったチート技などではなく、ハガが発見したゲームの仕様を利用した永久コンボです。

とても凄い技のはずなのですが、とにかく地味。

一撃必殺でもなく、攻撃力も低いため、倒すのにメチャクチャ時間がかかります。

仲間たちが飽きて寝てしまうほどなので相当時間がかかっているんでしょうね。

それでもコンボを崩さないように地道に続けるハガ。

この真面目に続ける忍耐力こそがハガの真の強みだということが今回でより明らかになりましたね。

 

レイドボスを倒すことができたハガ達でしたが、結局地上にワープすることはできませんでした。

そのため地道に1階ずつ上がっていくようです。

そのせいで物語はいっきに1年後へと進んでいきます。

これはちょっと驚きましたね。

1年間ずっと地下ダンジョン生活とは…

というか、この1年はリアル世界とリンクしているのかな?

だとしたら運営たちは1年間ゲームからログアウトできないハガ達をさらに1年間助けていない状況になります。

いいかげんリアル世界で事件になっていてもおかしくありませんよね?

リアル世界がどうなっているのかも気になりますね。

 

今回他にも明らかになったことありました。

それはアキラについてです。

強い戦闘力をもつ明るい女性ということとスタイルの良いエルフの見た目もあって、彼女のことは勝手にサバサバ系のお姉さんというイメージを持っていました。

しかし実際は違いました。

彼女は職業体験をしていた学生だったのです。

今回そのことを知ってしまったアマノ。

今までアキラに対してあまり好意的ではなかったアマノでしたが、アキラの妙な純粋さは子供だったからだと気づき、アキラに優しく接しているシーンは良かったですね。

アマノが頼れるお兄ちゃんになってました。

ふたりの関係がこれで少し変わっていくのかもしれませんね。

 

第6巻では二コラはハガ達と別行動をしていました。

レンがハガ達が二コラをおいて先に旅立ったと嘘をついたのです。

アルバにとって二コラ(テスラ)は邪魔な存在ですから、もう関わらせないようにしたんですね。

しかし、二コラはレンの嘘を見破ります。

二コラはデバッグ大好きなハガがこんなに早く街から旅立つはずがないと確信していたからです。

『この世界は不完全すぎる』第6巻 P36より
さすがですね。このときの二コラちゃんが本当にカッコよかった!

そんな二コラはひとりでハガ達を探し始めます。

そして物語は1年後になり、二コラがカッコよくなってました。

村娘だった二コラが忍者のような姿になっていたのです。

これはジョブチェンジ成功したということですかね。

二コラは一人になっても壁抜けバグを探したり、筋トレしたりとハガの言うことをしっかり守ってたし、ハガ達を探すために修行もしていただろうから、そのおかげでジョブチェンジできたのかな。

もしかすると地下ダンジョンを攻略するハガ達を最終的にカッコよくなった二コラが救い出すという展開になるかもしれませんね。

続きがとても楽しみです。

 

おわり