漫画

【ウィッチウォッチ 第1巻 あらすじと感想】ドジっ子魔女と鬼の力を持つ少年の同居生活

 

どうも!カッパ室長です。

 

今回は週刊少年ジャンプにて連載されている『ウィッチウォッチ』第1巻を紹介させていただきます!!

 

※ネタバレを含むのでご注意ください。

 

ウィッチウォッチ篠原健太

YouTube“ジャンプチャンネル”より

どんな内容?(ネタバレ注意)

ドジっ子魔女と鬼の使い魔のマジカルコメディ

乙木守仁おとぎもりひとは鬼の力を持つ男子高校生。

ある日、守仁は父から幼馴染で魔女の若月わかつきニコが6年間の修行を終え、この町に帰ってくることを聞かされる。

さらにニコは守仁を使い魔にしたいと言っているという。

それを聞いて驚愕する守仁。

しかも魔法使いの命令に背いた場合、先祖返りの罰として守仁の体は牛と虎が混じり合った何かよくわからない動物に姿を変えられてしまうという…

そして使い魔の役目は護衛だと説明する父から、これから守仁とニコの二人で同居生活することになると告げられるのであった。

 

「あのポンコツがどんな風に成長しているかな」

守仁がそんなことを言って待っていると、箒で飛んできたニコはダイナミックに家の窓をぶち破ってやってきた。

「それなりの覚悟はしていたが、まさか到着0秒でやらかすとは」とあきれる守仁。

ニコのほうは優しくてイケメンな守仁にドキドキしっぱなし。

そしてニコは役に立とうとさっそく魔法を使って見せる。

一見便利そうにみえるのだが、ニコが使う魔法にはいろいろとデメリットが存在し、何かを直そうとすると代償に何かが壊れたり、重いものを軽くすると効果が切れたとき反動で重くなってしまったりとちょっぴり残念なものだった。

守仁は“ドジっ子”ニコの突飛な魔法のせいで回避不可なトラブルに巻き込まれていく。

さらにニコには1年以内に災いが起きるという予言も出されていた。

予言は回避不可能で防衛手段を占った結果「守護者は使い魔」と出ていたのだ。

 

はたして守仁は数々のトラブルからニコと平穏な日常を守ることができるのか!?

感想

この作品はドジっ子魔女と鬼の力を持つ少年の同居生活を描いたコメディ漫画です。

作者は『SKET DANCE』や『彼方のアストラ』の篠原健太先生です。

ヒロインである見習い魔女ニコの突飛な魔法によってさまざまなトラブルが巻き起こっていきます。

そして主人公の守仁はそんなトラブルや予言の災いからニコを必死に守っていきます。

ニコはポジティブでお調子者、守仁は真面目で頼れる男というとてもバランスの良いカップルですね。

物語は今のところ恋愛よりもお笑い要素が強めのようです。

さすが篠原健太先生だけあってボケが秀逸すぎて、めちゃくちゃ笑えます。

ジャンプの作品だからってドラゴンボールやらハンターハンターやら、さらには鬼滅の刃などもネタにしています。

ほかにもクラスメイトの名前でもボケまくっていて「銚子鯉輝ちょうしこいてる」や「漆瀬恵那うるせえな」などふざけた名前ばっかりで、こういう細かいボケを探して読むのもとても楽しいです。

ニコの魔法も便利そうなんだけどデメリットが大きすぎていつも変なトラブルが発生してしまうのが面白いですね。

今後はこういったギャグ回だけでなく、ニコを災いから守るためのシリアス回も増えていくのかな?

そうなると笑いの間にシリアスが混じってさらに面白くなりそうですね。

はたしてニコに襲い掛かる災いとは一体どういうものなんでしょう。

ニコを狙う敵やほかの魔女なども登場するかもしれませんね。

敵が現れた場合は、守仁の鬼艮術きごんじゅつとニコの魔法を活かして戦うのかな。

そうした場合、どんなバトルになるのかも楽しみなところですね。

 

個性的なキャラクター、テンポがよく笑える漫画が読みたい人はぜひ一度この作品を読んでみてください。

コチラの作品もオススメ

『彼方のアストラ』

【完結】【彼方のアストラ】何度も読み返したくなるオススメのSFミステリー漫画【あらすじと感想】本日は宇宙冒険SFマンガを紹介します。 「このマンガがすごい!2019オトコ編」で第3位を受賞している注目の作品です。 また...

『SKET DANCE』

 

おわり