まとめ

令和になっても読んでほしい懐かしのオススメ漫画5選PART2【まとめ】

こんにちは。

カッパ室長です。

 

今回も懐かしのオススメ漫画を5作品紹介していきます。

 

 

前回の記事を読んでない方はこちらもチェックしてみてください。

令和になっても読んでほしい懐かしのオススメ漫画5選【まとめ】こんにちは。 元号が令和になって数ヶ月が過ぎましたね。 最新の漫画も良いですがたまに昔読んでいた漫画がふと読みたくな...

 

この記事を書くにあたってのルールは以下の通りです。

・ランキング形式ではありません
・少年漫画、少女漫画、青年漫画区別なく紹介します

ではいってみましょう!

『金色のガッシュ!!』 (雷句 誠)

魔物の子供100人が次の魔界の王を決めるため、人間界で人間のパートナーと共に最後の一人になるまで戦うバトル漫画です。

 

中学2年生の高嶺清麿(たかみねきよまろ)は頭が良すぎるため、クラスに馴染めず不登校を繰り返していました。

ある日、清麿の前に魔界の子供・ガッシュ・ベル赤い本を持って現れます。

本の呪文を読むと電撃を放つガッシュを危険視していた清麿だが、清麿のために体を張って不良に立ち向かうガッシュの姿をみて打ち解けるようになります。

やがて清麿とガッシュの前に魔界の王を決める戦いに参加している敵が次々と現れます。

そしてガッシュは「やさしい王様」になるため清麿と共に王座を目指します。

 

この漫画はバトルがアツいし、とにかく泣けるんです。

本が燃やされると魔物は強制的に魔界に帰らされるのですが、それぞれのペアの別れが本当に泣けます。

それぞれ大切な友達、恋人、家族のように暮らしていて泣ける話が毎回あるんです。

 

物語は大きく4編となっています。

清麿たちの日常と魔物との戦いが交互に描かれた「邂逅編」、千年前の魔物たちとの戦いの「石版編」、魔界の巨大建造物を魔界に帰す「ファウード編」、最終決戦「クリア・ノート編」です。

私は「石版編」が特に好きでした。

ナゾナゾ博士とキッドの話とパティ、ビョンコの最後は涙止まりませんでした。

 

感動する話が読みたいとき、泣きたいときはこの漫画を読むのがオススメです。

『魔法陣グルグル』 (衛藤ヒロユキ)

「グルグル」を巡り冒険をする少年少女のギャグファンタジー漫画です。

 

主人公のニケ(13歳)の父・バドは若い頃、勇者になるつもりでいましたが、肝心の魔王がいなかったため夢を諦めていました。

ある日、魔王が現れたので勇者になるように育ててきた息子のニケを無理やり旅立たせます。

ニケは村のしきたりとして魔法オババの家にあいさつに行きます。

そこでヒロインのククリ(12歳)と出会います。

ククリは魔法陣からパワーを引き出す「グルグル」という魔法を使える「ミグミグ族」の最後の一人でした。

国王に勇者と認められたニケは、ククリと共に世界征服を狙う魔王ギリ打倒の旅に出ます。

 

ファンタジーならではのRPGネタ満載のこの漫画。

ドラ〇エ風な黒いメッセージウインドウもとても印象的でした。

当時、この漫画を読んでいた人たちは「グルグル」を書いて遊んでいたのではないでしょうか。

私もよく魔法陣を書いて遊んでいました。

色々な魔法陣を書いて遊びましたが、その中で「トカゲのしっぽ」と「ベームベーム召喚」が好きでした。

物語ではコパール王国でのバナナムーン奪還の話が大好きです。

ミルカ姫の愛が…「アヒルマン」を生んだ。は大爆笑しました。

そのほかにも料理大臣こと「火の王」も好きで、これを読んだ後から自分で炒飯を作るときいつもマネして作っていた記憶があります。

名(迷)言もたくさんあるのがこの漫画の魅力の一つです。

「ただし魔法は尻から出る!」とか

 

1994年と2000年、そして2017年と三度のアニメ化を果たした超人気作です。

現在、『魔法陣グルグル2』が連載中です。

そちらも是非読んでみてください。

『いちご100%』 (河下水希)

”いちごパンツ”の女の子は誰だ!?ジャンプを代表するラブコメ漫画です。

 

中学3年生の真中淳平(まなかじゅんぺい)は放課後、校舎の屋上でいちごパンツの美少女と出会います。

彼女はすぐに逃げてしまいましたが、淳平は彼女が上から降りてきたことを思い出し、はしごを昇るとそこには1冊のノートが落ちていました。

ノートには”3年4組 東城綾(とうじょうあや)”と書かれていました。

彼女に一目惚れしてしまった淳平は、その正体を捜す中で、学年のアイドル・西野つかさ(にしのつかさ)があの美少女だと勘違いをして告白をして付き合いだします。

しかし、淳平は”いちごパンツの女の子”の正体が東城であることに気づき、次第に惹かれていくのでした。

 

この漫画はただの「ちょっとエッチな恋愛漫画」ではなく、「夢を追いかける少年の青春漫画」でもあることがとても魅力的です。

夢に向かって一生懸命な主人公が描かれていて、その姿にヒロインたちは惹かれていきます。

この漫画では主人公を名前の通り真ん中にして東西南北のヒロイン4人がいるんです。

この漫画を読んだことがある人たちは当時、どの女の子が一番好きか議論し合ったんじゃないでしょうか。

私は断然、西野つかさ派です。

ラブコメの王道ヒロインだった東城さんも好きでしたが、やはりつかさちゃんの可愛さには敵わないんですよね。

サバサバした性格だけど、料理が上手かったり、淳平のことを一途に想い続けていたり女の子らしい部分が垣間見えるところが本当に良いんです。

また、作者の画力がすごくてヒロインたちが皆可愛いです。

 

みなさんもこの漫画を読んでお気に入りの子を見つけてみてはいかがでしょう。

『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』 (CLAMP)

「サクラの記憶の羽」を求め、様々な異世界を冒険する冒険活劇漫画です。

 

玖楼(クロウ)国の考古学者・小狼(シャオラン)は、王・桃矢の妹・サクラ姫と幼馴染で身分を超えて惹かれ合っていました。

だがある日、サクラの魔力を狙う飛王・リードの手によってサクラの記憶は羽となって異世界へ飛び散ってしまいます。

早急に羽(記憶)を取り戻さなくてはサクラが死んでしまうと言われ、小狼は昏睡状態のサクラとともに「次元の魔女」のもとへ向かい、助けを乞います。

そこへ小狼と同じように次元の魔女のもとへやってきた忍者の黒鋼(くろがね)と魔術師のファイ・D・フローライトと一緒に次元の魔女の力を借りて羽を探しに異世界へ旅立ちます。

 

この漫画の魅力は何といっても今までのCLAMPのキャラクターが勢ぞろいという点です。

CLAMPファンの方にはたまらない作品ですね。

他の作品を読んだことがない人も十分楽しめます。

伏線がたくさんあり、二転三転するストーリー展開で目が離せません。

後半になって話が複雑になって、私は理解が追い付かず何回も読み返しました。

私が好きな話は「ピッフル国」の「ドラゴンフライレース」です。

この国ではレースで勝利するというお話なのですが、ここではサクラちゃんが活躍するのでとても気に入っています。

このころのサクラちゃんが一番かわいくて好きです。

 

この漫画のもう一つの魅力はCLAMPの別作品である『xxxHOLiC』と密接にリンクしている点です。

『xxxHOLiC』は対価さえ払えばどんな願いも叶えるミセの女主人・壱原侑子(いちはらゆうこ)四月一日君尋(わたぬききみひろ)の元へ様々な悩みを抱えた客が次々と訪れるという非日常的なファンタジー漫画です。

『xxxHOLiC』側で得た道具を『ツバサ』側に渡したり、またその逆もあったり。

お互いに影響し合っているんです。

そして侑子さんも四月一日くんも『ツバサ』では超重要な人物だったりします。

『ツバサ』と『xxxHOLiC』両方を並行して読むことでよりストーリーを楽しむことができるんです。

 

両方読むのは大変かもしれませんが是非両方読んでみてください。

あと黒鋼がマジでカッコいいから。

『しゃにむにGO』 (羅川真里茂)

少女漫画でありながら少年漫画顔負けの熱血テニス漫画です。

 

中学3年生の伊出延久(いでのぶひさ)は将来有望の陸上のトップアスリートでした。

しかし、大会の帰りに偶然出会った幕ノ鎌高校テニス部の尚田ひなこ(たかだひなこ)に一目惚れし、同じ高校に進学し、陸上ではなくテニス部に入部します。

また、ジュニアで有名だった選手・滝田留宇衣(たきたるうい)も同じテニス部へ入部します。

彼はプロのテニスプレーヤーを目指していますが、メンタル面の弱さから勝ちきれず、父親からテニスはやめるように言われ、クラブを辞め、弱小の幕ノ鎌高校へ進学してきました。

この二人が入部してから弱小だった幕ノ鎌高校テニス部はインターハイ優勝を目指すほどの強豪校へと成長していきます。

 

この物語はW主人公です。

天真爛漫で子供っぽい延久とクールで大人っぽい留宇衣。

王道の組み合わせですね。

性格もテニスのスタイルも正反対の二人が一緒に過ごしていくことでお互い影響し合っているのが読んでいてとても面白いです。

少女漫画だから恋愛メインだろうと思われますが、この漫画はスポーツがメインです。

恋愛要素はエッセンス程度なのですが、それがまた良いんです。

試合内容もテニ〇の王子様みたいな一撃必殺のテニスではなく、ガチのテニス漫画です。

二人の高校3年間が描かれていて、先輩、後輩、ライバル、コーチなど個性あふれるキャラクターがたくさん出てきます。

私が好きな試合は延久たちが2年生のときのインターハイ団体戦決勝のシングルス2大河内先輩の試合です。

弱小時代から人一倍頑張ってきた先輩が最後の最後で神がかった試合を観せてくれるんです。

マジで感動しました。

絵も少女漫画だけあってとても綺麗で読みやすいです。

個人的ではありますが一番アニメ化してほしい漫画です。

 

テニスをやっていた人にはもちろん、そうでない人にも絶対ハマる漫画です。

 

 

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございます。

いかがでしたでしょうか。

今回はアニメ化した作品ばかりなので知っている作品が多いのではないかと思います。

完結済みの作品なので空いた時間に一気読みしてみるのも良いかもしれません。

まだ読んだことがない漫画は面白いので是非読んでみてください。

 

PART3はこちら↓↓

令和になっても読んでほしい懐かしのオススメ漫画5選PART3【まとめ】こんにちは。 カッパ室長です。 懐かしのオススメ漫画紹介もPART3となりました。 今回も5作品紹介していきま...

 

 

おわり