ファンタジー

【ダメスキル【自動機能】が覚醒しました 第3巻 見どころ紹介】念願の中級冒険者試験に漂う暗雲!?

 

どうも!

ファンタジーもの大好きなカッパ室長です。

 

今回はマガポケで連載中の漫画ダメスキル【自動機能】が覚醒しました~あれ、ギルドのスカウトの皆さん、俺を「いらない」って言ってませんでした?~』第3巻の見どころ紹介と感想を書かせていただきます。

 

第2巻の紹介記事はこちら↓↓

【ダメスキル【自動機能】が覚醒しました 第2巻 見どころ紹介】覚醒した『自動機能』で資源採取も戦闘も無双する!! こんにちは、こんばんは! カッパ室長です。 今回はマガポケで連載中の漫画『ダメスキル【自動機能】が覚醒しまし...

 

ダメスキル【自動機能】が覚醒しました~あれ、ギルドのスカウトの皆さん、俺を「いらない」って言ってませんでした?~
原作:LA軍
作画:中島零
キャラクター原案:潮一葉
ネーム原案:赤衣丸歩郎


第3巻の見どころ(ネタバレ注意)

中級冒険者試験

自動機能オートモード】でギルドの不人気クエストを1日で根こそぎクリアしてしまうクラウス・ノルドール

そんな快進撃を続けるクラウスにギルドの受付嬢テリーヌはギルド特別推薦枠として認められたと言って中級冒険者試験受験票を渡す。

念願の中級冒険者試験を受けられることに歓喜するクラウス。

そして中級冒険者試験当日。

「ベテラン初級冒険者」の汚名を捨てて、次の一歩を踏み出すためクラウスは試験会場へ乗り込む。

いつものように人目の届かない端のほうで待機する「ぼっちのクラウス」。

そんなクラウスの前にメリムと名乗るクソガキが現れ、「お互いぼっち同士2人でパーティー組まないか!?」とクラウスを誘うのだった。

『ダメスキル【自動機能】が覚醒しました~あれ、ギルドのスカウトの皆さん、俺を「いらない」って言ってませんでした?~』第3巻 P16より

メリムのことを無視し、「こんな奴にかかわっている暇はない。このチャンスを絶対モノに-」と意気込むクラウスの耳に不穏な言葉が入る。

「パーティー名特別な絆スペシャルフォースのシャーロットさん-」

それはかつてクラウスが追い出されたゲインの率いるパーティーだった。

東雲の深山

中級冒険者試験の課題は「明日正午までに採取品リストにある素材を回収し納品すること」だった。

さっそくクラウスは自動機能スキルレベル2『自動移動』を使って採取ポイントへと向かう。

メリムもクラウスの馬車に必死にしがみついていく。

最初の採取ポイント「暴かれた墓所」に着いたクラウスたちであったが、そこにはダンジョン産のモンスターがすべていなくなっていた。

これは「特別な絆」のメンバーの仕業で、彼らはクラウスが合格できないよう都市近郊にある低レベルのダンジョンを潰して妨害していたのだ。

それを知ったクラウスは「だったらこっちにも考えがある!!」と言って都市近郊から離れた山岳型フィールドダンジョン「東雲の深山」へと向かう。

しかしそこには、「特別な絆」のパーティーメンバーで『天候オテンキ操作ねえさん』のチェイン・カーマイルが待ち構えていた…

感想

今回から中級冒険者試験編が始まりました。

そして今までぼっちだったクラウスについに仲間?が加わります。

 

【自動機能】で無双していたクラウスはテリーヌさんから中級冒険者試験の受験票を渡され中級冒険者試験を受けに行きます。

テリーヌさんがクラウスに受験票を渡したのは、クラウスのためだけではなくギルド職員たちのためでもあったようですね。

このまま初級冒険者のクエストで無双されたらギルド職員たちが過労死してしまいますから、中級冒険者になってもらい少しでも仕事を減らしたかったのでしょう。

 

試験会場でクラウスはクソガキことメリムと出会います。

メリムは最初男の子かと思われていましたが、実は胸も大きな美少女でした。

変装してないときのメリムはツインテールでとっても可愛かったです。

これは新たなヒロイン登場ということで、リズがこのことを知ったら大変なことになりそうですね。

メリムの武器は魔法と「直感インスピレーション」。

魔法のほうは少し危なっかしい感じもありますが、「直感」のほうはかなり優れたユニークスキルのようです。

ここぞという時にビビビと来る直感に従っていればたいていの場合上手くいくというものらしいです。

メリムはこのスキルがあったからクラウスの仲間になろうと決めたようです。

クラウスも試験中、メリムのこのスキルに何度も助けられていきます。

はじめはメリムと仲間になることを拒んでいたクラウスでしたが、命がけで自分を助けてくれるメリムの優しさを受け、一緒に行動するようになっていきます。

まぁ中身が胸の大きな美少女だということを知ったから一緒に行動することを許したのかもしれませんが…

 

そして中級冒険者試験ではかつてクラウスが所属していたパーティー「特別な絆」がクラウスを不合格にするため妨害行動をしてきます。

ゲインはなぜそこまでしてパーティーから追い出したクラウスを目の敵にしているのでしょうね?

巻き込まれる他の受験者たちが可哀想すぎます。

これからクラウスは彼ら「特別な絆」と戦う展開になるのかな?それとも彼らからうまく逃げつつ素材を回収して試験を合格するのか。

戦う展開になった場合、「特別な絆」の凄まじいユニークスキルをクラウスの『自動戦闘』で一蹴するシーンが見てみたいですね。

ゲインたちが驚く顔が見てみたいです。

 

それと「特別な絆」のパーティーにいた今回試験を受けているシャーロットという少女はクラウスのこと気にかけていましたが、もしかしたら彼女は後々味方になるのかもしれませんね。

新たなヒロインなのかも。

どうなるのか続きがとても楽しみです。

原作小説はコチラ

おわり