漫画

【JKからやり直すシルバープラン 第3巻 ネタバレ注意】小百合、家出少女を探すためディスコへ潜入!?

 

こんにちは、カッパ室長です。

 

今回はコミックヴァルキリーにて連載されている『JKからやり直すシルバープラン』の第3巻を紹介させていただきます。

 

※ネタバレを含むのでご注意ください。

 

コミックヴァルキリーの公式サイトはこちら

 

第2巻の紹介記事はコチラ↓↓

【JKからやり直すシルバープラン 第2巻 ネタバレ注意】二度目の人生、次なる試練は留年回避!?こんにちは。 カッパ室長です。 今回はコミックヴァルキリーにて連載されている『JKからやり直すシルバープラン』の第2巻を紹介...

 

JKからやり直すシルバープラン
原作:林達永
作画:李惠成


前回までのお話

クラスメイトの柏村真紀に勉強を教えてもらうため、柏村家が経営する弁当屋でアルバイトをすることになった小百合。

一生懸命働くなか、柏村父がお店の金をすべて賭け事に使ってしまい、あるのはお米と残った野菜のみというピンチがやってきてしまう。

すると、小百合が肉や魚などのメイン食材がないという弱点を強みに変えて、ヘルシーフードを新メニューとして売り出していくのだった。

第3巻の見どころ(ネタバレ注意)

追試の結果は…

小百合が考案したヘルシーフード風おこわは味も好評で、さらに小百合の美貌が宣伝効果となり、売上が普段の10倍にもなるという快挙を成し遂げる。

柏村父も先日の真紀との喧嘩を反省し、賭け事から足を洗って真面目に働きだし、無事親子が仲直りすることができた。

そして追試当日。

真紀にみっちり指導してもらい、人生でもっとも知力が高まっている小百合は無事に追試を乗り越えることに成功するのだった。

おじいさんとの面会

無事追試を合格した小百合は祖父から今度の連休に会いに来るよう言われる。

祖父・二ノ宮健一にのみやけんいちは二ノ宮家が没落した最初のきっかけを作った人物だった。

議員だった祖父がスキャンダルに追い詰められ倒れて亡くなったことを思い出した小百合は、祖父の現状を確認し祖父の失脚を阻止するため、祖父の家へ行くことにする。

当日、健一の秘書である竹勇三たけゆうぞうに送られ健一邸へやってきた小百合。

健一と再会し、小百合は自身が唯一逆らえない相手が健一であったことを思い出す。

近況を話し、大人になり頑張ろうとする小百合を見て健一は、小百合の勉強を見てくれる優等生を紹介すると言う。

必死に断ろうとする小百合だったが健一の圧倒的な威圧感に負けてしまい何も言えなくなってしまう。

そして本題である政治について質問をするが、「政治の話は子供が気にすることじゃない」流されてしまうのだった。

 

休日明け、小百合は学校にいくと激怒した白石ハヤナに胸ぐらを掴まれてしまう。

困惑する小百合。

実は祖父が言っていた優等生とは白石のことだったのだ。

「なんでも好き勝手にできるあんたなんかに…ッ 私の人生縛られてたまるかッ!!」

白石の家出

小百合に協力しろと命令された白石は父親と喧嘩をし、そのまま家出してしまった。

家出を知った小百合は尾上から白石が歌舞伎町にいるという情報を得る。

小百合は家出の原因は自分にある、このままでは白石が親や教師に無理矢理連れ戻され一方的に責められてしまうため、誰よりも先に白石を見つけちゃんと謝って誤解を解こうと決意する。

尾上、真紀とともに変装をして歌舞伎町を必死に捜索する小百合。

そのころ、白石と友人の由加と黒田の3人はチンピラに絡まれ、お酒を飲まされてしまい襲われそうになっていたのだった。

感想

今回、小百合の開発したヘルシーおこわで無事危機を乗り換えました。

健康志向のご飯って現代では流行ってますけど、あの時代では早すぎるのでは?という疑問もありましたが、そこは小百合の美貌がカバーしたということで…

そして真紀ちゃんの心を開いて、勉強を教えてもらった小百合は追試も無事に合格。

追試よりも真紀ちゃんという頼もしい仲間を加えられたことが今回の一番の手柄なのではないでしょうか。

これからも真紀ちゃんは相談役として大活躍しそうですしね。

 

そして今度は白石ハヤナちゃんとのお話。

今まで敵対していましたが、最近はちょっと仲良くなれていたのに、おじいさんのせいでまたこじれちゃいましたね。

そりゃ、自分が勉強を手伝おうかと言ったときは要らないと言ったのに、親を使って仲良くしようとするなんてプライドが傷つきますよね。

おじいさん、良いことをしたつもりが最悪の結果になってますよ…

家出をしてしまったハヤナちゃんを探すため、変装して歌舞伎町を捜索する小百合たちですが、変装した小百合と真紀ちゃん可愛いですね。

OLさんぐらいの歳に見えます。

また、今回尾上くんがちょっとカッコよかったです。

尾上くんとハヤナちゃんは幼馴染のような関係だったんですね。

そしてハヤナちゃんのピンチに現れる尾上くん、カッコいい!!

尾上くんは小百合とくっつくのかなと思いましたが、もしかしたらハヤナちゃんとくっつくのかもしれませんね。

もしくは、ハヤナちゃんは尾上くんを取り合う恋のライバルになるとか…

色々妄想も膨らんで楽しいです。

最後は小百合が良いセリフを言い、強力な助っ人登場によって一件落着する感じでした。

これでハヤナちゃんも仲間になったらとても心強いですよね。

一気にシルバープランステータスが上昇していきそう。

 

そしてこの巻では二ノ宮家を没落させた黒幕らしき人物が登場します。

健一の秘書の竹勇三。

かなり怪しいですね。

彼は祖父だけでなく、小百合の父にまで接触していて、父の事業失敗の原因もコイツのしわざっぽいですね。

まだ小百合は竹が悪人だと気づいていません。

いつ気づいて、どうやって祖父と父を救うのか。

今後の展開が気になりますね。

こちらもオススメ

『ポンコツ女神の異世界創世録』

 

■あらすじ

女神たちが表舞台から身を引き、人類はその足で歴史を刻み始める。

戦場へ急ぐアオの前に現れたのは、アルテシアが作った超神器ワルナの剣。

ワルナの剣に勇者としての素質を認められたアオは、エリドゥと愛する女神を守るために戦う!

ポンコツ女神による異世界創世録第四巻!

Amazonより引用

おわり