ファンタジー

【Destiny Unchain Online 第6巻 見どころ紹介】コミュ障ガンナーとSFダンジョン攻略!!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

どうも!

カッパ室長です。

 

今回は月刊少年マガジンRで連載中の漫画Destiny Unchain Online 〜吸血鬼少女となって、やがて『赤の魔王』と呼ばれるようになりました〜』第6巻の見どころ紹介や感想を書かせていただきます。

 

『Destiny Unchain Online 〜吸血鬼少女となって、やがて『赤の魔王』と呼ばれるようになりました〜』第5巻の紹介記事はこちら↓↓

【Destiny Unchain Online 第5巻 見どころ紹介】癖者揃いのギルドランク決定戦予選開幕!! こんにちは、こんばんは! ファンタジーもの大好き、カッパ室長です。 今回は月刊少年マガジンRで連載中の漫画『...

 

Destiny Unchain Online 〜吸血鬼少女となって、やがて『赤の魔王』と呼ばれるようになりました〜
漫画ヤチモト
原作:resn
キャラクター原案:ヤチモト


第6巻の見どころ(ネタバレ注意)

コミュ障ガンナーをギルドに勧誘

クリムは自身の日光弱点の検証を行うため『竜骨の砂漠』を歩いているとSFダンジョンを発見する。

そこで二人用クエストを受注したクリムはコミュニケーションに“難アリ”の少女・リコリスと出会う。

リコリスはガンナーのソロプレイヤーで、クリムも驚くほどの早撃ちと正確な狙撃を披露する。

思わぬ掘り出し物を見つけてしまったとクリムは喜び、このことをフレイに相談すると絶対にリコリスをギルドに引き入れるように言われる。

さっそくクリムはリコリスにギルドに入ってみないかと打診してみる。

しかし「連続殺人犯の首狩りクリム」という誤情報を信じ込んでいるリコリスに何か企んでいるのではと疑われ、勧誘を断られてしまうのであった。

『Destiny Unchain Online 〜吸血鬼少女となって、やがて『赤の魔王』と呼ばれるようになりました〜』第6巻 P38,39より

それでも仲間にしようとクリムはリコリスと親密になろうと努力するが…

砂漠の人魚

ダンジョンを捜索中、ライジンとローパーという男性二人組と出会い、ともに行動することになったクリムたち。

地下を進んでいくと突如上から巨大な腕が降ってきて、その腕には「デザートメロウ」という文字が書かれていた。

それはこのクエストのボス。

ローパーたちからデザートメロウを討伐すると追加報酬でユニーク装備が手に入るという話を聞いたクリムたちは協力してボスを倒すことにする。

そして地下5階で巨大なメカ人魚・デザートメロウと対面するのであった。

感想

今回はクリムとリコリスのSFダンジョンクエストが描かれました。

このお話はWEB小説版には載ってないものですね。

リコリスはWEB小説版だとリュウノスケに連れられて一緒にギルドに入るという流れでしたが、漫画では別々で知り合う展開になっています。

このSFダンジョンのお話でリコリスの魅力がたくさん描かれていきそうですね。

 

リコリスはやや無機物感のある髪や人工皮膚っぽい感じで人造生命体のような種族で、語尾に「なの」がついている可愛い女の子。

前回第5巻のラストからリコリスがかなりのコミュ障であることが分かっていましたが、何かあると銃を突き付けてくるけっこうヤバイ子でした。

クリムを極悪人だと勘違いしている時のリコリスはずっと怯えてて面白かったです。

そして心の壁がなくなり、仲良くなってからのリコリスがまた可愛い。

好きなことになると饒舌になるし、クリムのことを信頼するようになるとぴったりと隣にくっついて座っていました。

なんだかこじらせたオタクみたいですね。

クリムとは仲良くなりましたが、今後他のギルドメンバーと会った時はどんな感じになるのか楽しみです。

フレイヤはコミュ力高くて母性もあるからすぐに懐きそう。

雛菊とは年が近そうだし会話もしやすそうですね。

となると、問題はフレイなのかな?

年上の男の子とリコリスがすぐに打ち解けることができるのか気になりますね。

 

リコリスはガンナーで狙撃のスキルはかなり高いです。

現在の武器はハンドガンですが、第6巻のラストではスナイパーライフルを見つけていました。

これがデザートメロウ戦、そしてギルドランク決定戦の本戦でどんな活躍を見せてくれるのでしょうね。

 

SFダンジョンではライジンとローパーという二人組が加わり即席パーティーで攻略に挑んでいきます。

普通に良いキャラだから今後も登場して絡んでほしいですね。

そしてこのダンジョンのボス「デザートメロウ」

『Destiny Unchain Online 〜吸血鬼少女となって、やがて『赤の魔王』と呼ばれるようになりました〜』第6巻 P112,113より

私が最初見た時の第一印象が「エヴァンゲリオンじゃん!」でした。

格納庫にいる姿もそっくりだし、顔のあたりの形や腕も似ていますね。

しかし人魚ということで足はないようです。

デザートメロウの攻撃は超強力な水圧カッター。

途中の部屋の切れ目もコイツの攻撃によるもののようですね。

デザートメロウに挑発されてクリムたちが向かった地下7階は水が溜まった場所でした。

これは水上での戦い、さらには水中戦も考えられますね。

敵に有利な戦場でクリムたちはどう戦っていくのか。

 

あとこのデザートメロウを起動させた人物とは戦うことになるのかも気になりますね。

起動させたであろう犯人はチラッとだけ描かれていました。

服装と喋り方からして第5巻でリコリスに新聞を売っていたプレイヤーですね。

彼女はクリムがリコリスをPKする現場を撮影するためにやってきたようです。

そしてこのプレイヤーにクリムたちがこのダンジョンにいるという情報を流した人物もいるようです。

そいつはクリムを悪者にしたいと考える人物のようなので、以前クリムと戦ったPK集団が怪しそうですね。

はたしてこの予想は当たるのか。

続きの第7巻が楽しみです。

 

単行本第7巻は2024年3月8日(金)発売予定です。

原作小説はコチラ


おわり