バトル

【イビルヒーローズ 第2巻 ネタバレ注意】ヒデオたちがかつて育った養護施設に隠されていた秘密とは…!?

こんにちは、こんばんは!

バトル漫画も大好き、カッパ室長です。

 

今回は週刊ヤングジャンプにて連載されている『イビルヒーローズ』の第2巻を紹介させていただきます。

 

※ネタバレを含むのでご注意ください。

 

第1巻の見どころ紹介記事はこちら↓↓

【イビルヒーローズ 第1巻 あらすじと感想】邪悪な英雄と戦う、アンチヒーローバトル開幕!!こんにちは、こんばんは! カッパ室長です。 今回は週刊ヤングジャンプにて連載されている『イビルヒーローズ』の第1巻を...

 

イビルヒーローズ

原作:光永康則
作画:入鹿良光

YouTube“ヤンジャンTV【集英社ヤングジャンプ公式】”より

前回までのお話

シャイニング・シルバーに生命を与えられた少年ヒデオが英雄のブルー・ガーディアンに続き、バーニング・クリムゾンを倒したことで英雄たちの動きに変化が起こる。

國島クニシマハクと名乗る男が政府のもとに現れ、英雄の存在を認め、彼らの活動を阻害しないよう要請してきたのだ。

ヒデオとシュウジは邪悪な英雄を1体でも減らすため、英雄を炙り出す作戦を決行する。

すると彼らの前に英雄アントワープ・バードがやってきて攻撃を仕掛けてくるのであった。

第2巻の見どころ(ネタバレ注意)

養護施設「ふくりゅうの家」

アントワープ・バードは英雄の中でもトップクラスの空中機動力と索敵能力を持ち、得意技である急降下からの爪攻撃は音速を超える速度といわれ、まさに鷹や鷲のような猛禽類型英雄。

そんなアントワープ・バードの攻撃を受け、シュウジは瀕死状態となってしまう。

ヒデオがアントワープ・バードを迎え撃とうとすると突然少女が現れ、ヒデオをかばいそして逃亡の手助けをしてくれた。

彼女は吉備きびのあんず、ヒデオやシュウジと同じ施設にいた子供であった。

シュウジを助けるため、杏の案内でかつてヒデオたちが育った養護施設「ふくりゅうの家」に向かうことに。

施設に着き階段を下っていくと、そこには養護施設の地下とは思えない機械が並んでいた。

「この施設には何か秘密があるようだ」とヒデオがシルバーと話し合っていると、ヒデオたちの前に施設長の十条寺じゅうじょうじ郷士ごうしが現れる。

彼はヒデオたちにある寄生生物の標本を見せ、自分を現在生かしているのはこの寄生生物だと説明してきた。

選ばれた適合者ならば、この寄生生物から偉大な贈り物ギフトを授かり現代医学では救えない命も救うことができるという。

『イビルヒーローズ』第2巻 P72、73より

この施設の本当の目的は寄生生物の研究を行い、英雄と戦うため寄生生物の適合者を集めることだったのだ。

英雄襲撃!!

ヒデオたちは十条寺たちの誘いを一旦は断ったが、同じ施設出身のリツカの押しに負け、協力体制をとることになった。

しかし、ヒデオはイビルズたちと戦いたいと思っておらず、もし本当の英雄がいるならそっちを応援したいと考えていた。

翌日、英雄エメラルド・ソニックがヒデオをスカウトのため、ヒデオが通う私立鳴が丘学園にやってくる。

さらにそこにアントワープ・バードの捜索に駆り出されていた英雄グラファイト・アームまでもがやってきてしまう。

グラファイトはエメラルドからヒデオの話を聞くと、ヒデオを狩るため校内に侵入し始める。

そしてグラファイトが入ってきたと同時に校内にイビルズが出現するのであった。

ヒデオは校内に残っている妹・ゆつきを助けるため走り出す!

感想

今回はヒデオたちに新たな仲間も加わり、そして新たな敵も現れ、より白熱した内容となっていました。

 

アントワープ・バードから命を狙われてしまったヒデオたちを助けてくれたのは同じ養護施設出身の杏でした。

ヒデオをかばい深手を負った杏には申し訳ないけど、その後ヒデオはアントワープ・バードをワンパンで倒してました。

戦闘シーンすら描かれず、ページをめくったら次のページでヒデオの拳で腹を貫かれているアントワープ・バード… 強キャラとみせかけてただのモブだったとは…

というかヒデオが強すぎるだけなんですよね。

杏は男勝りな性格だけど魅力的なスタイルをしている女の子。

言葉遣いも荒い感じでツンな部分も多いですが、もしかしたら今後デレを見せてくれて一気に可愛くなるかもしれませんね。

今のところ杏とリツカ、そしてヒデオの妹がヒロイン枠なのかな?

はたして正ヒロインは誰になるのか。

 

施設長である十条寺郷士は昭和の時代にミラージュ仮面という英雄だったそうです。

イビルズが出てくる前までは彼らのように寄生生物によって強化されていた人たちが活躍していました。

そして十条寺は今の邪悪な英雄を倒すためにこの施設を利用して寄生生物の研究と寄生生物に適合する人材を集めていたのですね。

ということはこの世界にはイビルズの力で強化された英雄と寄生生物で強化された英雄、そしてシャイニング・シルバーから生命を与えられたヒデオという3種類の英雄がいるということになるのかな?

今は十条寺たちと協力関係になったヒデオですが、十条寺たちも本物の英雄なのかわからない状態ですし、もしかしたら今後敵に回る可能性もあるのかもしれませんね。

杏や今回助けてもらったシュウジも寄生生物に強化されているようですが、こちらはイビルズのような特殊能力などがあるのかも気になるところです。

 

できれば戦いをしない生活を送りたいと願っているヒデオですが、世界はそれを許さないようです。

さっそく英雄のエメラルド・ソニックとグラファイト・アームがヒデオを探しに学園に乗り込んできています。

エメラルドはまともそうですが、グラファイトがかなりヤバイやつでした。

イビルズを学園に送り込んで生徒までも殺すグラファイト。

それを阻止するためエメラルドがグラファイトと戦う形に。

そしてヒデオはというと今回の件を仕組んだのはエメラルドだと思い込んでいてエメラルドに対して激怒しています。

可哀想なエメラルド…

もしかしたらエメラルドは本物の英雄かもと思いましたが、最後にグラファイトの攻撃を受け、体からイビルズが出てきてましたね。

最終的にエメラルドはヒデオの仲間になるのかもと思っていたのですが、違うのかな?

今後の展開がどうなっていくのかとても気になりますね。

とにかく次の巻で早くヒデオが暴れるグラファイトをワンパンしてほしいです。

 

ヤングジャンプ編集部が運営する無料Webマンガサイト「となりのヤングジャンプ」にて『イビルヒーローズ』の第1話が現在無料で公開されています。

気になった人はぜひ読んでみてください!

「となりのヤングジャンプ」公式サイトはこちら

 

おわり