恋愛

【ポンコツちゃん検証中 第5巻 ネタバレ注意】2学期開始!!新キャラは『女版・水戸要』!?

こんにちは。

ラブコメ大好き、カッパ室長です。

 

今回は週刊少年サンデーにて連載中の『ポンコツちゃん検証中』第5巻の見どころを紹介していきます。

※ネタバレを含むのでご注意ください。

 

■『ポンコツちゃん検証中』第4巻の紹介記事はコチラ↓↓

【ポンコツちゃん検証中 第4巻 ネタバレ注意】夏休み編クライマックス‼思い出アルバムを完成させろ‼ 今回は週刊少年サンデーにて連載中の『ポンコツちゃん検証中』第4巻の見どころを紹介していきます。 ※ネタバレを含むのでご注意...

 

ポンコツちゃん検証中』(福地 翼


第5巻の見どころ(ネタバレ注意)

『女版 水戸要』雨坂凛

夏休みが明け、2学期になった。

夢咲さんと共に過ごしたおかげで、自分のしゃべり方や目つきも“個性”だと考えられるようになった水戸くんはクラスのみんなと打ち解けることができた。

そして周囲に頼られ始めた水戸くんはみんなからの推薦で美化委員になることに!

そこで出会ったのが美化委員長の雨坂凛あめさかりん

彼女は成績優秀だが、目つきが悪く近寄りがたいことから『女版 水戸要』と呼ばれていた。

雨坂さん本人はもっと誰とでも仲良く話したいと思っているのだが、その人のためを想って言ってしまう「指摘癖」のせいで、いまだに友達が出来ずに悩んでいた。

そんな雨坂さん、実は夢咲さんに憧れていたのだった

 

夢咲さんのように明るくて優しくて素の自分をさらけ出せるように、雨坂さんは毎朝こっそり『夢咲さんのマネをしていれば、いつか夢咲さんになれる説』の検証を行っていた。

そんなところを水戸くんに目撃されてしまう雨坂さん。

会話をするうちに水戸くんと自分は似た者同士だと気づいた雨坂さんは水戸くんに“友達の作り方”を教えてもらうことに。

さらには雨坂さんと水戸くんは同じ漫画家のファンであることが発覚し、さらに仲が深まっていく。

この人になら…と雨坂さんは水戸くんに「友達になってください」と口にしようとした瞬間、いつもの指摘癖が出てしまい失敗してしまう。

逃げ出し、涙する雨坂さん。

そんな雨坂さんに水戸くんは「それ、雨坂さんのいい所。「本当に優しい人」っていうのは…雨坂さんみたいな人のことを言うんだ。そんな雨坂さんと…“友達”になれてよかった。」と語りかける。

自分のことを理解し、友達になってくれた水戸くんに雨坂さんは恋に落ちてしまうのであった。

第5巻での夢咲さんが検証した能力

■『他人の喋り方を変える能力』

リモコンのボタンを押すと、そのボタンに書かれた喋り方にすることができる能力。

 

■『しりとり具現化の能力』

しりとりで出た言葉が具現化する能力。

「ん」で終わる言葉を言うと能力も解除される。

 

■『声をしゃぼん玉に閉じ込める能力』

言いたいことを頭に思い浮かべてしゃぼん玉をふくらませると、しゃぼん玉が割れたとき声が弾ける能力。

 

■『罪悪感を吸い取る能力』

罪悪感を感じている人にハンドクリーナーのようなものを向けるとその人の罪悪感を吸い取ることが出来る能力。

 

■『人を犬に変える能力』

リードをつけることでその人に犬の能力を与えることが出来る能力。

感想

今回は新キャラ雨坂凛ちゃんのお話が多めでした。

雨坂さんは真面目でキリッとしている雰囲気の女の子。

夢咲さんとはまた違う可愛さがありますね。

でも実際はこの子もけっこうポンコツな子のようです。

夢咲さんに憧れて、隠れて夢咲さんの「ちょわー」を練習しているのが本当に可愛いですね。

同じような境遇だった水戸くんと仲良くなり、そしてそのまま恋に落ちてしまった雨坂さん。

水戸くんモテまくりですね。

水戸くんは今までみんなに怖がられていただけで、実際はカッコいいですからね、当然と言えば当然かな。

雨坂さんが今後、水戸くんと夢咲さんにどう関わってくるのか楽しみですね。

もしかしたら、夢咲さんの能力のことがバレてしまうとか。

それで一緒に能力を検証する仲間になるのかも。

まぁでも、恋のライバルにはなりますよね。

ライバルが憧れの人とか雨坂さん辛いだろうなぁ。

 

雨坂さんの話だけでなく、夢咲さんの能力検証もしっかりありました。

今回だと『しりとり具現化の能力』や『声をしゃぼん玉に閉じ込める能力』が便利そうですね。

しりとりで便利な道具を具現化させたり、しゃぼん玉で声を遠くまで飛ばせることができますからね。

能力検証中に水戸くんと夢咲さんはまたもイチャイチャしまくります。

普通に夢咲さんにかわいいと言ってますしね。

2人の仲はどんどん深まってます。

2学期になり、学校のイベントも色々ありそうだし、どんなイチャイチャが見れるのか楽しみでしょうがないです。

早く続きが読みたいです。

 

 

おわり