恋愛

【最近雇ったメイドが怪しい 第1巻 あらすじと感想】からかうメイドと素直な坊ちゃまの“攻守逆転”ラブコメディ

 

カッパ室長です。

 

今回は月刊ガンガンJOKERにて連載されている漫画『最近雇ったメイドが怪しい』第1巻の紹介です!!

 

 

※ネタバレを含むのでご注意ください。

 

最近雇ったメイドが怪しい昆布わかめ

スクウェア・エニックスより

どんな内容?(ネタバレ注意)

仲良くなりたいメイド&もっと知りたい坊ちゃま

田舎の小さなお屋敷に住むゆうり坊ちゃまはあることに悩まされていた。

それは最近雇ったメイド・リリスが怪しすぎるということ。

吸い込まれるような紫の瞳に、やたらと露出しているメイド服。

彼女の作るご飯も特別美味しいし、掃除も洗濯も完璧だった。

そもそもこんな古びた小さい屋敷にこんな派手なメイドが来ること自体怪しいのだ。

純粋で真面目な坊ちゃまにはメイドの些細な行動も怪しく見えて気になってしまう。

 

ある日、メイドの作る料理があまりにも美味しすぎるため、坊ちゃまはメイドに「ボクの料理に怪しいものを入れているだろう!」と問い詰める。

すると、そんな坊ちゃまをからかおうとメイドは「そのお料理には坊ちゃまが私を好きになるお薬… いわゆる惚れ薬が入ってるんですよ♡」と冗談を言ってみる。

それを聞き、信じ込んでしまった坊ちゃまは「お前ばかり目で追ってしまうのも、やたらかわいいなって思ってしまうのも!全部惚れ薬のせいだったんだなー!」と予想外のストレートな誉め言葉を言いまくる。

坊ちゃまから可愛いと言われたり褒められたりで、からかおうとしていたはずのメイドだったが、いつのまにか攻守逆転してしまいドキドキさせられてしまうのだった。

 

実はメイドは何も怪しいことはしておらず、ただ大好きな坊ちゃまと仲良くなって信頼されたかっただけだった。

坊ちゃまは可愛くて怪しすぎるメイドをもっと知りたいと思っている。

そんな素直になれないメイドと素直すぎる坊ちゃまの初々しいやりとりが満載の日常が幕を開けた。

感想

この作品は大好きな坊ちゃまをからかっちゃうメイドと、素直な想いが口に出ちゃう坊ちゃまの“攻守逆転”ラブコメディとなっています。

はじめ私はこの作品をTwitterで見て、メイドのリリスがあまりにも可愛すぎるので単行本を即購入しちゃいました。

Twitterの絵と同じように単行本でもメイドの瞳が紫色に印刷されています。

これがまた良い!!

この紫色の瞳がメイドをより可愛く、妖艶な感じにしてくれます。

 

この作品の魅力はなんといってもメイドであるリリスの可愛さです。

最初は意地悪なお姉さんの雰囲気なのに坊ちゃまの誉め言葉で乙女な感じになっちゃうところがホント最高ですね。

露出が多いメイド服も良いですし、なにより褐色肌でおっぱいが大きいのが良い!!

今のところ、なんでリリスがなぜ屋敷にやってきたのかやリリスの正体については謎のままです。

気になりますね。

また、ゆうり坊ちゃまの方もなぜこんな屋敷に1人だったのか、両親はどうしたのかはまだ描かれていません。

「僕の両親は~だった」と過去形で言っているシーンがあるので、もしかしたらもういないのかもしれませんね。

2人の過去については後々描かれていくのでしょう。

楽しみです。

1巻の終わりでもう坊ちゃまはメイドに「お前なしでは生きていけない!!」と言うほどになっています。

リリスにとってはとてつもなく嬉しい一言でしょうね。

坊ちゃまがこの気持ちが恋であることに気づくのはいつなんでしょうね。

ニヤニヤが止まりません。

早く次の巻が読みたいですね。

 

 

おわり