スポーツ

【神様のバレー】頭脳戦がアツい!新感覚のバレーボール漫画を紹介【あらすじと感想】

本日はバレーボール漫画を紹介します。

皆さんはアナリストをご存知ですか?

バレーボールのアナリストとはベンチ外から相手チームを分析し、監督に的確な情報を送る役で、現代バレーボールにおいて最重要な裏方とされています。

アナリストの情報は勝敗に大きく影響されるそうです。

私はアナリストという裏方がいるなんて初めて知りました。

情報を集めて敵の弱点を見抜き、仲間に指示することで勝利に導くという頭脳プレーは
勝てたとき本当に気分が良いのでしょうね。

今回の主人公は相手の嫌がることを徹底的におこなう天才アナリストです。

 

神様のバレー
作画:西崎泰正
原作:渡辺ツルヤ


 

どんな内容?

自称・神様の男

実業団でアナリストとして働く阿月総一は的確に相手の弱点をつき、相手の嫌がることをしてチームを勝たせる「嫌がらせの天才」です。

彼は実業団のアナリストでは終わらず、いずれ全日本を引き連れて世界を制するという野望があります。

そんな阿月に日村化成の会長がある賭けを提案してきます。

それは”地区大会万年1回戦負けのチームを全国制覇に導くことができれば全日本男子の監督の座を用意する”というものでした。

阿月はその賭けに乗り、地区大会万年1回戦負けの私立幸大学園中学校バレー部のコーチとなります。

全国制覇への第一歩

ここのバレー部には元全日本女子候補の鷲野孝子が監督を務めています。

しかし、彼女の練習内容は「気合と根性」の精神論のみでレギュラー以外球拾いという非効率的なものでした。

阿月はレギュラー以外のメンバーに秘密の特訓を行い、地区大会1回戦の2セット目でレギュラーと補欠のメンバーを入れ替えるというテロをおこします。

そして阿月の指示通りのプレイをすると補欠メンバーは見事1回戦を突破してしまいます。

しかし、2回戦であっさり敗北した幸大学園バレー部は阿月の思惑通りチームに火がつき、勝利に貪欲な”野犬”にすることに成功するのです。

こうして阿月は幸大学園バレー部を全国制覇させるために指導を開始します。

ここが魅力的!

バレーボールに詳しくない私が読んでもかなり面白い作品です。

ということはバレーに詳しい人にはもっと面白い!

主役を選手ではなく、アナリストにしているところも今までにない感じで新鮮です。

あと、主人公なのに性格が悪魔すぎる…

作中では阿月が様々な作戦をおこなうのですが、それが全く読めないのがすごいところです。

こんなところまで作戦に入ってたのかと思うほどです。

読者も罠にかけられた気分になります。

スポーツ漫画でこんなに伏線を気にする漫画は初めてです。

王道のスポーツ漫画では物足りない方に是非読んでもらいたい作品です。

 

 

最新刊はこちら↓↓


おわり